New Topics
昔ながらの医院の昔ながらの治療法

テレビの健康番組などでは

■男性 38歳
テレビの健康番組などでは、精密検査などの結果で重大な病気が発見できたという描写が目立ちます。こういう描写を多く目にする事によって、現代人は治療法について、精密検査などによって判明した病気に応じた治療法があるという認識をもつのです。

では、現在よりも精密検査などの技術が発達していなかったかつての医院ではどのように治療していたのか、少し調べると、昔ながらの治療法として患者の自然治癒力を高める環境づくりをして、結果的に病気を治すという治療法を実践していた事が分かりました。

例えば風邪については、熱が出たり、咳き込んだり頭痛がするという場合でも、これは身体の自然治癒力によって、体内に入り込んでいるウィルスを熱等によって退治したり排出したりする事ととらえています。昔ながらの風邪の治療法としては、じっくり身体を温めつつ安静にし、無理に食事をさせず、少量で済ませて身体の自然治癒力が活発化するのを助けるという方法が挙げられるのです。

時間はかかりますが、身体に負担をかけすぎずに着実に回復するのが昔ながらの治療法となります。

注目情報

Copyright (C)2017昔ながらの医院の昔ながらの治療法.All rights reserved.