New Topics
昔ながらの医院の昔ながらの治療法

我が家の近所に、年配の医師のいる小さな医院があります

■女性 49歳
我が家の近所に、年配の医師のいる小さな医院があります。空いていることもあり、我が家は、ちょっとした風邪ぐらいならその医院にお世話になっています。
年配の先生の診察は、問診が長いのです。
いつから、どのように、どんな症状で、子供は元気があるか、ぐったりしているかと細かく聞きます。そして、食欲はあるか、眠れているかと10分ぐらい聞いてから、診察に入ります。喉や肺に聴診器をあて、特に問題がなければウガイ薬を出してくれます。
最近できた病院だと、ちょっとした風邪でもすぐに抗生剤や強めの風邪薬を出してくるのですが、ここの医院の場合はまず抗生剤は出しません。風邪には抗生剤は効かないというのが先生の持論のようで、熱が高いときに弱めの風邪薬を出すぐらいです。
あまり薬に頼りすぎると、自己免疫力がつかないからという事もよくおっしゃっています。

でも、今まで何の問題もなく、我が家の子供たちも回復して元気になっているので、今後もその医院に行きたいと思います。

注目情報

Copyright (C)2017昔ながらの医院の昔ながらの治療法.All rights reserved.