New Topics
昔ながらの医院の昔ながらの治療法

昔ながらの医療機関でかなりお世話になっているといえますが

■女性 38歳
昔ながらの医療機関でかなりお世話になっているといえますが、毎年風邪を引きそうな時には、その先生が塩水やお茶でうがいをすることを推薦しています。塩水にも緑茶にも殺菌効果が有るので、毎日ちょっとした時間にうがいをしておき、早寝早起き、健康的な生活を送るのにはぴったりだと教えてくれています。
そのため、少々昔かたぎな先生ではありますが、非常に健康的に過ごせており、見習いたいと患者さんも頑張っています。実際に塩うがいならば、毎日してもほとんどのどを痛めるような無理なうがいをすることがなく、さらにうがいのペースを守って行えるので、とても便利です。

緑茶なども、普段飲んでいる出がらしを使ってぬるめに入れてうがいをすると、健康的でのどのいがらっぽいものがすっきりするとして、小さい子供にも無理なく実行できると、若いお母さんを中心に人気です。

治療法としても、かなり昔かたぎであり、風邪を引いている人には、薬だけではなく、必ずみかんを食べるように勧めているのも印象的です。
のどの乾きも回復するし、さらに柑橘系の香りで鼻づまりが少々よくなるのだと、先生はかなり信じています。

注目情報

Copyright (C)2017昔ながらの医院の昔ながらの治療法.All rights reserved.