New Topics
昔ながらの医院の昔ながらの治療法

私が小さい頃に昔ながらの治療法を実践する小さな医院がありました

■男性 28歳
私が小さい頃に昔ながらの治療法を実践する小さな医院がありました。
大きな病の場合は、車で遠くの病院に行くのが普通でしたが、小さな怪我、風邪程度はこの医院での治療が普通です。
そこの先生はかなり高齢の方だったので、現在は亡くなってしまっているのですが、昔は長老というあだ名で大人から呼ばれていた町の有名人でした。

医院の棚を見る限りでは、病院で使っているような薬も置いているのですが、その先生が薬を使ったのは一度も見たことがありません。ひざをすりむいて泣きながら医院にいくと、薬草をすりつぶしたような薬を塗ってバンソウコウを貼ってくれ、風邪で診察してもらった時は、薬の代わりに特製の栄養ドリンクを貰ったりしました。

他にも様々な昔ながらの治療を提供している医院だったのですが、民間療法的な治療をたくさん取り入れているためか、病気が治らないことも多かったです。

しかし、患者から苦情がこないのには理由があって、その医院ではほとんどお金が取られることがないのです。
今に思えば、どのようにして医院を経営していたのか不思議でなりません。

注目情報

Copyright (C)2017昔ながらの医院の昔ながらの治療法.All rights reserved.