New Topics
昔ながらの医院の昔ながらの治療法

最近は我が家のまわりにも病院やクリニックが増えて

■女性 33歳
最近は我が家のまわりにも病院やクリニックが増えて、石をなげたら医師に当たる、とでも言いたくなるような感じです。
こんなに医療が充実している国は類を見ないと、誇らしい気持ちもありますが、医療費が国のお金を逼迫させているのも事実です。
患者にも医師にも、過度な医療を求めすぎている現状は看過できないと常々感じています。
そんなにたいしたことのない病気でも、病院にちょっとかかるだけで、あっという間に数種類の薬を出されることもしょっちゅうですが、私が信頼している先生は「病は気から、寝てりゃ治る。」と豪快に言い切ります。風邪くらいで来院しようものなら、「風邪なんかで病院来るな、寝ろ。」と怒られてしまいます。
病院の経営を考えれば、風邪でもなんでも、患者さんが来れば万歳だと思うのですが、そこはまさに「昔ながらの医院の昔ながらの治療法」を地でいっているとも言えそうです。
本当に必要な薬だけを処方する、というのは簡単なようで難しいのではと思っています。

注目情報

Copyright (C)2017昔ながらの医院の昔ながらの治療法.All rights reserved.