New Topics
昔ながらの医院の昔ながらの治療法

近代的な建物に先進的な医療機器

■女性 27歳
近代的な建物に先進的な医療機器、現代の医院はこんな感じのところがほとんどです。
患者も、新しい方が信用できるのか、古いところよりは新しいところを選びたくなります。
しかし、昔ながらの医院には、新しい医院にはない昔ながらの治療法をする良さもあるのです。

まずは、患者の話をよく聞いてくれること。新しい医院では、流れ作業のように患者が呼ばれ、機会的に診察をして、診断をされます。ときには医師に会うこともなく、看護師や理学療法士に会うだけで終わってしまう日もあります。
でも、昔ながらの医院では、必ず医師の診察をしてくれます。丁寧に診察をしてくれるので、信頼ができます。
次に、民間療法のようなことも紹介してくれることもあります。新しい医院では西洋の薬を処方してくれて終わりですが、昔ながらの医院は違います。喉が痛いといえば、焼いたネギを首に巻くように。咳が出た場合には、カリンの蜂蜜漬けを飲むように。肌が荒れた時には、桃の葉を煮出したエキスを塗るように。薬だけに頼らず、自然に治す方法を教えてくれることも、昔ながらの医院の良さです。

注目情報

Copyright (C)2017昔ながらの医院の昔ながらの治療法.All rights reserved.